一生独身 男性 特徴 性格

一生独身かもしれない男性の性格の特徴とは?

ある程度の年齢になってもまだ独身でいると、
「自分はもう結婚できないかもしれない」

 

「この際独身ライフを楽しもうか」などと
開き直ってしまうこともあるかもしれません。

 

確かに独身生活は人に気を使うこともありませんし、
自由気ままに生活することができます。

 

これは独身生活の最大のメリットと言えるでしょう。

 

「一生独身」でいる人の中には、結婚願望がない人と、
結婚願望はあるのに結婚できない人というのがいます。

 

このような「一生独身の男性」は、どのような性格の特徴が多いのでしょうか。

 

恋愛が苦手で自信がない

結婚願望がありながらも、結婚しないまま歳をとってしまった人は
恋愛が苦手という特徴があります。

 

好きな人・気になる人を見つけても、
どうやってアプローチをすればいいのかわからず時間だけが過ぎていき、

 

「やっぱり自分はダメ」なんだと自信を無くしてしまうのです。

 

理想が高すぎる

女性に対して理想が高すぎる男性は、やはり一生独身の可能性が高くなります。
自分のことを客観的に見ようとせず、若くて美人の人ばかり探していませんか?

 

容姿や性格などすべてにおいて平均以上の人などそうはいません。

 

もっと視野を広く持てば、結婚相手がポンと見つかるかもしれませんよ。

 

完璧主義である

何に対しても完璧を求める人は、結婚とは縁がない人が多いです。

 

特に家事など相手に対して完璧を求めるような性格の人は、
付き合う時点で「めんどくさい人」と思われてしまいます。

 

このような人との同居生活は気が休まるときがないため、
「結婚は考えられない」と言われてしまうのです。

 

以上が、「一生独身かもしれない男性の特徴」です。
次は、一生独身男性がしておくべき準備についてご紹介します。


一生独身かもしれない男性がするべき準備とは?

日本は「晩婚化」が進んでいます。

 

男性の初婚年齢は30歳を超え、
晩婚化とともに少子化も深刻な問題となっています。

 

結婚を人生の選択肢のひとつとして考え、
それを望まない人が増えてきたためだと思われます。

 

「独身のほうが自由で楽」「自分は独身貴族を貫く」など
独身肯定派の人がいるのは事実です。

 

もちろん自分の人生ですから、一生独身でいるのも自由です。
では、一生独身の男性はどのような準備をすれば良いのでしょうか。

 

一生独身の男性がしておくべき準備

まずは「お金・貯金」です。

 

シビアなことを言うなと思われるかもしれませんが、
生きていくためにはお金が必要です。

 

特に一生独身でいくと決めたのなら、
老後にかかる分のお金も貯めておかなければなりません。

 

一説によると、
男性は「お金の管理が苦手な人が多い」そうです。

 

趣味にお金を使ってしまったりと、
なかなか「貯金」できていない人が多いです。

 

しかし老後のためには貯金しなければいけません。

 

あくまでも目安ですが、30歳から定年までに
3000万円は貯めておきたいところです。

 

家も買うべき?

次に準備すべきは「住む場所」です。

 

働いているうちは賃貸でも良いですが、
定年してからも家賃を払い続けるのはかなりの負担となります。

 

一生独身と決めるのなら、
マンションなどを買う計画を進めておくと良いと思います。

 

そして最後に「交遊関係を広げておく」ことです。

 

最近よく耳にする孤独死を防ぐためにも、
日頃から交遊関係を広げておきましょう。

 

結婚という選択肢も常に忘れずに

一生独身でいるのも気楽で良いかもしれませんが、
「結婚」もひとつの選択肢として考えてみてください。

 

結婚は、メリットも大きいように思いませんか?

 

もし自分の理想の人なんて見つかるわけがないと思っているなら
結婚相談所を利用してみてはいかがでしょうか。

 

結婚相談所なら、恋愛が苦手な人のサポートもしっかりしていますし、
婚活ブームで若い女性の登録数も増えているんですよ。

 

結婚相談所なら希望の相手が見つかりやすい?

おすすめは大手結婚相談所である楽天オーネットです。
公式サイトから無料で結婚チャンステストというものが受けられます。

 

無料で、あなたにピッタリの人を紹介してもらえるんですよ。

 

最初から、一生独身と決めるのではなく、
どんな人と出会えるのかだけでも見てみてはいかがでしょうか?

 

楽天オーネットの公式サイトはこちら